(船越義珍・ふなこし・ぎちん先生)

(宮城長順・みやぎ・ちょうじゅん先生)

(摩文仁賢和・まぶに・けんわ先生)

(大塚博紀・おおつか・ひろのり先生)

上記を主に四大流派(伝統空手)と呼ばれてます。

      

伝統空手で初めての試合を現在の公益社団法人日本空手協会が昭和32年10月東京体育館に於いて、

第1回全国空手道選手権大会を開催しました。

その時に優勝したのが金澤弘和 宗家です。

四大流派の組織化(寸止めルール)
昭和39年に現在の公益財団法人全日本空手道連盟(全空連)が結成され、四大流派を統合組織化した全空連が
寸止めルールを正式採用し、競技空手が完成しました。 
      
この様に一言で空手と言っても様々なスタイルがあり、沢山の流派や会派、団体によっても大会ルールも異なります。