怒ると叱るの違い

「怒る」は、自分の感情が高まり腹を立てること。

「叱る」は、目下の者の言動に対し、欠点をとがめ戒めること。

私達は「怒る」のではなく、「叱る」を心がけています。

怒る事は自分自身の感情を抑えられず表に出すことで、叱るはその対象の人を思いやりながら指導する

「怒る」は、感情の赴くまま、不満を爆発させることであり、目上の人に対しても多く使われ、世間の風潮など、抽象的なことに対しても使われている様に思われます。

「叱る」は、教育的な指導を表す言葉であるため、「叱る」は「怒る(腹を立てる)」の意味はないと思っています。

叱るには、「良い方向へ導こう」という指導の意味があり、指導する人と指導される人という関係が成立されている言葉であるため、「子供を叱る」「部下を叱る」のように、目下の者に対して使われる。

キッズを単に感情のままに怒るのではなく、叱られた事を一人一人が考え、なぜ何度も叱れてしまうのか?次には叱られない様にと叱られるキッズの目線に立って、次に繋がる様に思いやりながら向かい合って(心と心)接しています。