やる気と根気

全国大会はお世辞にも良い上出来だったとは言えない内容でした。
しかし、
みんな一生懸命頑張りました。
負けて悔しかった!
勝てると思っても負けて涙を飲んだ!
沢山悔しい思いをしたと思います。
毎年勝てないでいたけど、今回は勝つことが出来た!
現役でいる限り、試合に参加する限り必ずこの思いを繰り返すことになります。
審査に合格しても、落ちても同じことだと思います。
負けたから、
向いてないんじゃないかな?
才能がないんじゃないかな?
とかは考えないで下さい。
才能がない生徒はいません。
早い段階で諦めさせてしまうと辞め癖がついてしまいます。
私は5歳の頃から父から空手を習い、何度も何年も負ける度に酷く怒られ
小学生時代は空手が大嫌いでした。
小さな道場の親善大会に参加した時、初めて勝つことが出来ました。
それがきっかけだったと思います。
続けていれば勝てる様になりますし、それが面白いと初めて思うことが出来ました。
やはり、ある程度続けないとその気持ちは起きなかったと思っています。
才能とは続けることが出来るから開花します。
開花する為には時間が必要です。
その時間は努力によって短縮出来ます。
ご父母の皆様にも同じ分だけ大変なことだとは思いますが、続けさせて下さい。
必ず勝てる様に指導致します。
今、やる気がない時にはきっかけが必要なんだと思います。
勝てなくてもきっかけさせあればずっと続ける気持ちになります。
黒帯を取ることが最終目的の様になっているのが現状です。
辞めたい
行きたくない
と何度か言うと思います。
練習に来れば
いっぱい汗をかいて面白かった
と思わせて帰宅させます。
大変な事だと思いますが続けさせて下さい。
今後ともよろしくお願いします。
押忍