目的と内容

健全な心と身体の育成、男女問わず幅広い年齢層に護身術や健康づくりに役立つ指導を目的としています。

伝統的な空手道の普及発展、スポーツ競技としての選手育成を目指しています。

相手を力任せに倒すことだけを目的とせず、相手を気遣い、活かす空手の指導を心掛けています。

 

ただ練習したり、お決まりの動きでしかない練習は機械と同じで作業して居るだけ、ちゃんと考えて技を極め、声を出すタイミングを忘れず動く様に注意しながら考える空手を指導しています。

 

大会ルール

國際松濤館空手道連盟の主催するルール

公益財団法人全日本空手道連盟の主催する大会等のルール


イベント

区の大会(春期、秋期)
全国大会(夏期)
関東大会(冬期)
ほか地方大会
 
年間3回~4回の大会、合宿、交流会


練習内容

基本

突き、蹴り、受け、応用

約束組手

五本組手

三本組手

基本一本組手

自由一本組手など

基本型~上級型

練習した型の解説

審査

6月と12月の年二回実施します。


 大会などが近い場合は特別練習を別日に設けています。

見学に来られた時や体験をされた時に詳しく説明致します。


帯の色

   無級 白帯

10級 白帯

 9級 白帯

 8級 黄色帯

 7級 オレンジ帯

 6級 緑帯

 5級 青帯

 4級 紫帯

 3級 茶帯

 2級 茶帯

 1級 茶帯

 初段 黒帯